日本橋には、比較的落ち着いたお店が多い印象がありますよね。サラリーマンが多く集う場所ですし、高級感あふれるお店が揃っているのですが、実際には強いこだわりが見て取れるクラブも存在しています。

では、日本橋にはどのようなクラブが存在しているのでしょうか?この記事では、日本橋で美味しいビールが飲めるクラブを紹介します。

音響にこだわっている!CITAN

CITAN

CITANは、正確にはホステルという位置づけのお店となっています。昨今、日本には多くの外国人が訪問されており、ホステルが続々と登場していますが、CITANも2017年3月にオープンしています。

客室38部屋のホステルであり、東日本橋駅から徒歩5分と程よい近さにある印象です。地下1階がバー、ダイニングスペースを確保されており、宿泊者だけでなく誰でも利用できる共有スペースが確保されています。

ここには、会社員や近隣住民など、多くの方の憩いの場所として活用されています。食事を楽しむだけでなく、毎週木、金、土曜日にはDJが登場しラウンジスタイルで営業しているのです。

DJも豪華であり、過去に沖野修也さん、DJ NORIさん、MUROさん、クボタタケシさん、DJ KANGOさん、DJ MAARさんなど、玄人好みDJが多くプレイしてきた歴史があります。総じて、CITANは音がいいという評価をされています。

エントランスロビーから階段を降りた瞬間、目の前に一枚板を使った大きなハイテーブル兼DJブースが置かれているのがわかります。両脇のスペースにはテーブル席が確保されており、広さは約200平米で席数は60席という程よいサイズ感です。

至るところに設置されたスピーカーは、総勢16本と圧倒されます。メインスピーカーは6本、無指向性スピーカーが5本、サブウーファーは5本で圧倒的なクリアかつ迫力あるサウンドを再現しています。

なお、13本がTaguchiのスピーカーを使用しているという点にも注目です。実は、CITANの音響デザインを担当したのが、表参道VENT、渋谷OATH、大阪ALZARといった音響にこだわりがあるクラブの空間プランナーも担当した藤田晃司さんです。

CITANに宿泊される方の6割が外国人であり、週末のラウンジ営業時には3割前後が外国人が利用されています。DJブースの前にかじりつくDJのファンや、近くの会社員でスーツ姿の方、週末を楽しむ男女のグループなど、客層は多種多様です。

ラウンジ営業は年中無休となっており、DJがプレイするのは木、金、土曜日の20時から23時までとなります。ただ、エントランスやミュージックチャージがかからないという点が、他のクラブとの大きな違いです。あくまでも、ダイニングでDJプレイを楽しめるという趣のあるお店であると言えます。

気になるダイニングとしては、チャージ、キャッシュオンスタイルを採用しており、1人でもデートでも、大勢での飲み会でもご自由に利用することが可能です。ソファ席やスタンディング席があって、ウイスキーやワインの品揃えも豊富で、価格もお手ごろであります。

ディナーからおつまみまで幅広いフードがあり、最高の音響設備の中で音楽とともに楽しく過ごすことが可能です。アメリカンダイナーを意識したフードは、クラフトビール、ワイン、ハイボールなどドリンクにぴったりです。しっかりめのお食事からおつまみまで多様なメニューがあります。

メガ盛りポテト ハーブ&ソルト、チリソース&サワークリームは、自家製豆乳マヨとスイートチリ&サワークリームの合い盛りで、様々な味が楽しめます。自家製ハニーローストピーナッツ、まるごといちじくバターサンド、自家製フルーツピクルス(グレープフルーツ&オレンジ)など、ライトなフードメニューも人気です。

ビールのラインナップだけでも、以下のようになっています。

  • プレミアムモルツ
  • プレミアムモルツ 香るエール
  • BUNK BED SESSION IPA
  • スルガベイインペリアルIPA
  • 島国スタウト
  • コロナ エクストラ
  • ハイネケン
  • ブルームーン

スルガベイインペリアルIPAは、非常に複雑な味付けながら、バランスのとれたダブルIPAとなります。ホールフラワーコーンで2度ドライホッピングされていて、樽詰の際にクロイゼンされています。

ホップのキャラクターは深遠であって、まるで駿河湾が深く壮大なように、奥深くインパクトが強い飲み口を楽しめます。この他にも、魅力的なワインもあって、DJのプレイを楽しみながらお酒を堪能できますよ。

CITAN (シタン)
所在地:東京都中央区日本橋大伝馬町15-2 チョーヤビル B1F
TEL:050-5594-4949

ピアノの生演奏も!SALONE VENDREDI(サローネ バンドルディ)

SALONE VENDREDI(サローネ バンドルディ)

SALONE VENDREDI(サローネ バンドルディ)では、グランドピアノを備え、生演奏やライブステージを常時開催しているクラブです。音楽で満たされる空間で特別な時間を過ごすことができます。ラグジュアリーな空間は、特別な空間となっており非日常的な体験をしたい方にもおすすめです。

待ち合わせの時間も楽しみのひとつにできるので、中央通りを眺めながら、優雅に過ごすひとときを過ごせますよ。「金曜日のサローネ」には、粋な大人が集い合うをコンセプトに、特に金曜日には魅力的なイベントを多く開催しています。フレンチをベースにした上質なビストロラウンジが楽しめて、様々なシーンに合わせて料理が提供されています。

例えば、国産牛イチボのローストビーフやシャルキュトリーといった、ワインやお酒にあう料理を音楽とともに楽しむことができるのです。コース料理もあって、特に人気なのがワインペアリングコースです。コースメニューは以下のようになっています。

  • フォアグラのクレームブリュレ ブリオッシュ
  • スモークサーモンのミキュイ ビーツとオレンジ ワサビ
  • タラ白子のフリット 黒トリュフのマデラソース
  • 本日の鮮魚 ヴェルモットソース シャンピニオン
  • 仔羊のロースト チミチュリ 里芋とラグー
  • 生姜のブランマンジェ リンゴのキャラメリゼ

さらに、以上の料理にマッチするワインを提供してもらえるのですから驚きですね。他にも、貸切やプライベートなパーティーやイベントでも利用できて、最適なプランが用意されています。さらには、ランチ営業もしており、以下のようなメニューが提供されています。

  • サロン・ド・デリ・ヴィーガン
  • クロックムッシュ 自家製ロースハム
  • クロックムッシュ サーモン
  • クロックムッシュ サルシッチャ
  • ダブルサイズ 1500円
  • 金曜日のナポリタン

お酒では、特にカクテルに力を入れています。例えば、抹茶マティーニは、京都のクラフトジンである季の美と抹茶を使ったマティーニスタイルのカクテルとなっています。和のテイストを取り入れている、お店のイメージを一杯のカクテルにした名作です。普段カクテルを飲まない方にとっても飲みやすく、時間やシチュエーションを選ばずに楽しめます。

適度な甘味とまろやかさに重なっているハーブの香りが非日常を演出することが可能です。柚子マティーニでは、柚子のジンと柚子のリキュールに対して、生の柚子と蜂蜜をミックスして甘酸っぱく飲みやすい一杯に仕上がっています。食前だけでなく食後にも合わせやすく、柚子の香りをふんだんに引き出しているのが印象的です。歴史ある街に新しい風が吹く、そんな日本橋のムード漂うカクテルといえます。

ビールは、ハートランドをメインとしてブルックリンラガー、ブルックリンディフェンダーIPA、コエドビール、御面ビールが飲めます。特におすすめは小江戸 漆黒であり、コエドブルワリーのビールとしては、最も濃厚なタイプです。ドイツの伝統的なビールとして有名なシュバルツで構成されています。色合いはほぼ真っ黒であり、ローストした麦芽の風味に満ちているのが印象的です。

一見すると飲みにくい印象がありますが、味わいは意外にもスムーズで飲みやすさを感じさせてくれます。一般的な黒ビールはエールタイプであるのに対し、漆黒はラガータイプであるために、喉ごしよりもローストした麦芽の風味を楽しむことが可能です。

他にも、ワインなども豊富でお酒好きにも愛されています。

ラグジュアリー感がある!ワイズ アウル ホステルズ トーキョー

クラブ ディアナ

ワイズ アウル ホステルズ トーキョーも、ホステルながらもクラブのような使用ができるお店です。八丁堀駅の真上に位置するホステルの地下において、オールナイトでパーティーをしたくなるバーがあるのが魅力的です。地下にあるスタイリッシュなデザインのHOWLでは、音楽イベントスペース&バーが確保されていて、ほぼ毎日営業しています。

さまざまなジャンルの音楽をカバーするレジデントDJのTomohiroさんが、週数回ブースに立っており、大いに盛り上げてくれます。音響プロデュースは、音楽プロデューサーのYosi Horikawaさんが務めており、最高の音を保証しています。このホステルでは、大型ドミトリーがあって、6階は家具付きのサービスアパートメントがあり、長期滞在も可能です。また、1階には全国の日本酒が楽しむことができる、地酒・おでん・肴 フクロウという飲食店も入っており、様々な楽しみ方を提供しています。

季節イベントも定期的に開催しており、クリスマスイベントでは音楽プロデューサーとして著名なSovngerさんをはじめとして、Ageha、Womb、Visionなどの人気クラブでプレイしているHouse/Techno DJのKATIMIさんなど、ワールドワイドに活躍するゲストが続々登場しました。本格的にDJプレイを堪能したい際におすすめですね。

実は、名物としてはコーヒースタンドがあります。三軒茶屋を中心に活動している、人気のOBSCURA COFFEE ROASTERSのコーヒー豆を使用している、オリジナルブレンドが楽しむ事が可能です。さっぱりしつつも酸味が効いていて飲みやすいのが印象的です。ブレンドコーヒーやマフィンなど軽食も提供されており、宿泊者以外でも利用でいるのが嬉しいですね。

お酒に関しては、スタンダードなビールが提供されており、ゆっくりと時間を忘れてくつろぐこともできますよ。ホステルらしく、見知らぬ方とのコミュニケーションを楽しめるのもワイズ アウル ホステルズ トーキョーの魅力の一つです。宿泊者とお酒を片手に語り合うなんて参考ですね。

また、席自体も交流しやすいようにデザインされているので、自然と仲間づくりをすることができます。様々な方のニーズを満たしてくれて、居心地の良いお店であり是非利用してほしいですね。

ワイズ アウル ホステルズ トーキョー
所在地:東京都中央区八丁堀3丁目22-9 WISE OWL HOSTELS TOKYO B1F
TEL:03-5541-2960

外国人との交流も楽しめる!

今回紹介したお店では、外国人との交流も楽しめます。ビールを片手に、多くの人脈を構築するのも良いでしょう。

© Copyright 2021 KOBUSHI MARKETING - All Rights Reserved

Contacts